FC2ブログ

決断

YUJI

YUJI

私が退職の意向を示したことに対して、引き止められたと言えるほどのものではないけれど、かなり念押しをされた。
どこの会社に行っても同じだの、若いんだからよく考えろだの言われたけれど、まず、どこの会社に行っても似たようなものだということはある程度覚悟している。しかし、不正行為だけは絶対に許せない。事務所側はこれまで、はっきりと言及してこなかったものの、問題認識はしていることから事実上認めたに等しい。意図的にやらなければ起こり得ないことばかりで、それ以外他に説明がつかない、つじつまが合わないケースが多過ぎる。よって以前にも記した通り、こんな出来レースに付き合わされて精神を病んでいる暇は無い。

そして、年齢に関しては30代半ば。一般的には決してもう若いとは言えない。けれど、私が定年を迎えるまでのことを考えれば、これから先の人生まだまだ長く、言われた通り若い。でも、だ・か・ら・こ・そ、こんなところで貴重な時間と心の健康を浪費したくないと思っている。世間の価値観からすれば、まだまだ一つの会社に長く勤めることが立派だというのが一般的かもしれない。しかし、本当にそうだろうか?もし会社を移れば、複雑な経歴の持ち主だとか、経歴に傷がついただとか、そんな風に見られるのではないかという不安も、全くないわけではない。私だってできることなら会社を移ることなく、ここで定年まで勤め上げたかった。でも今は昔の自分とは違う。何が自分に向いていて、何が向いていないのかがわからず、職を転々としていた頃とは違い、今回は会社を移るだけ。私はこの道こそが自分の道なのだと信じてやってきた。それだけ誇りを持って仕事をしてきたからこそ、信念のない連中と一緒の組織にはいたくない。
それとも、こんなことに熱くなって会社を移る気になるほうが、感情的で子供じみているのだろうか…。

多分、正解なんて無いんだと思う。自分にとっていいのはどっちなのかという違いだけなんだと思う。ならば、振り返っても仕方がない。

決断とは決めて断ち切ること。選んだほうの可能性を信じて進み、選ばなかったほうの可能性は捨て去ること。
新しい環境も蓋を開けてみなければわからない。けれど、そこで待っている可能性を信じて進み、もしこのまま今の会社に残った場合の可能性は捨て去る。
決断に失敗なんてない。どの道を選んでも全て経験なのだ。
過去や今を否定して未来は語れない。
どんなに辛いことも苦しいことも、成長するために必要なことだったのだ。
それらを経験・体験として、活かせる時が必ず来る。
失敗の人生はない。
スポンサーサイト
最終更新日2019-02-16
Posted byYUJI

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply