FC2ブログ

断絶と誓い

YUJI

YUJI

豪雨で被災しプレハブで営業中のパン屋さんが、営業をしばらく中断して建物を解体するそう。
まだ新しいお洒落な建物なのに…。
辛いことだとは思うけれど、それも新しい生活、復興への1ステップだと思う。

これと同率に扱っては失礼に当たるかもしれないけれど、
私も今、この状況を抜け出す1ステップを踏み出した。
もしこの環境に身を置き続けたとしたら、最低限の安定はあるかもしれないけれど、
それ以上のものはないし、将来好転の可能性もほぼゼロに等しい。
もちろん新しい環境には新しい環境で、これから先の不安があるけれど、
その代わりに将来性も秘めている分、夢と希望が持てる。
イキイキと仕事に打ち込めたらストレスも少ない。

しかし、私の意向を直属の上司に伝えた際、一度は受け入れられたように思われたけれど、
さらに上の人たちがあっさり「うん」とは言わず、面談という形で説得が始まった。
場所は会議室ではなく、近くの喫茶店で行われた。
私としても簡単な決断ではなかったので、先の不安を思えば心が揺らぎそうにもなる。
だけど先に挙げた理由から、最後まで私の気持ちに変化はなかった。
約2時間ののち、それが私の最終的な返事・結論として聞き入れてもらった。
言い換えれば、とうとう後戻りはできない決断に判子を突いたようなもの。
何が待ち構えているかわからないけれど、ついに私も新たなステップを踏み出した。
もうここまで来たら、後ろを振り返らずにとにかく前に進もう。

スポンサーサイト
最終更新日2019-01-07
Posted byYUJI

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply