FC2ブログ

ふりだしに戻る

YUJI

YUJI

江國香織著「きらきらひかる」を韓国語版で読んでいたのを、いつしか途中でやめていた。
本当に私の悪い癖だと思う。
ちょうど思い出したのをいい機会に、再び読み進めようと思った。
が、どこまで読んだか覚えていない…。
まっいっか、もう一度最初から読み直そう。

あえて日本語の原作では読まないことにしている。
その分、日本語ほどスラスラとは読めないけれど、予想よりは早く読めている。

2019012617241278e.jpg

そのまま流して読んでも約8割は理解できていると思うけれど、やはり所々わからない単語や表現がある。
もちろん、前後の文脈からおよその想像はつくけれど、そこが今後の展開にかかわる大事な部分だと困る。
些細なことでも、できる限り理解してから先に進むようにしているので、それだけ時間がかかる。
それでも今回は必ず最後まで読み切ると決めた。

ちなみに余談になるが、日本と同じで表紙カバーの折り返し面や帯の部分には、
著者と作品の魅力が書かれている。
今、政治レベルでは日韓関係が悪化しているけれど、読書が好きな人の中には、
日本文学を好んで読む人もいるだろう。本に限らず映画や音楽なども言える。
個人レベルでは必ずしも関係悪化とは言えないだけに、非常に残念だと思う。

スポンサーサイト
最終更新日2019-02-02
Posted byYUJI

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply