FC2ブログ

Sun. 5/31

YUJI

YUJI

20200508023747956.jpg

コロナ禍においては時間があるので、世の中の出来事について少し綴ってみる。
数日前、あるテレビ番組に出演していた女性が、
SNS上での誹謗中傷が原因と思われる理由で自殺したが、
コロナ関連のニュースばかりだったせいか、たまたま私がそう思っているだけか、
世間の注目度は高いように思われる。

まずは誹謗中傷の的となった、番組内での彼女の言動を私も見てみた。
亡くなられた方を悪く言いたくはないけれど、そのまま素直に見た印象としては、
私も彼女の言動を肯定することはできない。
だからと言って、誹謗中傷していいという理由にはならないし、
今後、誹謗中傷については何らかの法的措置が必要になってくると思う。
ただ批判的な意見が出るのも当然のように思える。
では、誹謗中傷と批判的な意見の線引きはどこか…ここが難しいところだが、
相手の人格まで傷付けるレベルかどうかということになるだろうか…。
また、批判的な意見、感想、苦情等も直接個人へ宛てるのではなく、
所属事務所や番組公式サイトへ宛てるなり、方法はいくつかあるように思う。

しかし、ここで一度出発点に戻って考えて みたい。
そもそもこの言動が本当に彼女の素の性格によるものだったのか、
それとも嫌われ役にさせることで、番組を面白おかしく見せるための演出だったのか、
まずはそこから明らかにしてもらいたい。
ネット上の法整備も重要だが、もし後者だとしたら誹謗中傷だけが問題ではなくなる。
これは当事者でない限りわからいし、本当に複雑な問題だと思う。

さて、その当事者でない私がここにこういう記事を出すことも、
もしかしたら、つまらぬ義憤にかられた愚かな行為かもしれないので、ここまでにしたい。

スポンサーサイト



最終更新日2020-06-09
Posted byYUJI

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply